存在しない,ということ

  • 2019.08.05 Monday
  • 08:42

存在しない子供たち

  監督:ナディーン・ラバキー

 

中東 貧民窟が舞台です

 

貧困 移民・難民 不法滞在 人種差別

そして、出生届を出されていない子供たち

日本にも、無戸籍で生活する子供たちが

推定1万人とも云われていますね…

 

人間として深く考えさせられる映画でした

IMG_2962.JPG

12歳(くらい)の少年ゼインが体験する旅

自分をまともに育て上げることも

愛を与えることもできないのに自分を生んだ両親を

告訴するシーンから、映画は始まります

目を逸らしたくなる生々しい現実

演じるのは、同じような体験をしてきた人たち

難民キャンプ、不法移民としての逮捕、路上での物売りなどの

 

まだ母親のおっぱいを欲しがる1歳の男の子(左:ヨナス役)は

あどけなく、ありのままを映して映画として成り立っています

IMG_2961.JPG

主人公のゼイン(本名)は、実際にシリアの内戦を逃れ

レバノン、ベイルートへ逃れ、10歳から家計を助けていたそう

 

ラバキー監督「アラブの監督」として

第71回カンヌ国際映画祭 審査員賞を受賞

弁護士役で出演をした彼女は

母親として、2人の我が子にこの映画を捧げています

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

時計

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM